NEWS & RELEASE

お知らせ

正しく分かりやすい言葉づかい – 新入社員のためのビジネスマナー研修vol.4

2019.07.05 Fri
kana
kana

今年4月に新卒で入社したデザイナーのkanaです♪

7月に入りましたが、最近は雨の日が続いていますね…。湿気のせいか、先日はサロンの表にキノコが生えていました!

 

今回は職場で社外の方や上司に使う言葉のうち、間違えやすい表現をまとめましたので、ぜひこの機会に確認してみてください。

 

 

―言葉づかいの練習問題―

 

1. 上司に対して
(1) 机の上のメモ、見てくれましたか。
(2) これで、どうですか。
(3)(呼ばれた時に)エッ、なんですか。
(4) そのことなら、私が知っています。
(5) わかりました。応接室に案内します。
(6)(課長)部長が来るように言っていました。
(7)(課長)係長は、あっちにいますよ。
(8)(部長)課長は、3時頃出かけると言っていました。

 

2. 社外の方に対して
(1)今、主任さん呼んできますから、ちょっと待ってください。
(2)課長さんですか、今日はお休みですが。
(3)それでいいですか。
(4)それはできません。
(5)今、なんと申しましたか。もう一度言ってください。
(6)こちらの担当ではないので、担当の方へ電話してください。
(7)営業のどなたを、呼べばいいんですか。
(8)係長は、今お出かけなので、私が聞いておきます。
(9)では、あなたの住所、氏名と電話番号を教えてください。
(10)明日、うちの会社に来てくれませんか。
(11)田中さんが帰ったら、すぐそちらへ行くように言っておきます。
(12)(課長の奥様に)課長はいま出かけておりますが、戻りましたら 電話をするように、言っておきます。

 


 

▼言葉づかいの練習問題 答えの例

1.上司に対して
(1)机の上のメモはご覧いただけましたでしょうか。
(2)こちらでいかがでしょうか。
(3)はい、お呼びでしょうか。
(4)そのことでしたら、私が存じております。
(5)かしこまりました。応接室にご案内致します。
(6)部長がおいで下さるようにとのことです。(部長がお呼びです)
(7)係長はあちらにいらっしゃいます。
(8)課長は3時ごろお出かけになるとおっしゃっていました。(課長は3時ごろお出かけになるとのことです)

 

2.社外の方に対して
(1)ただいま、○○を呼んで参りますので、恐れ入りますが少々お待ち頂けませんでしょうか。
(2)○○でございますね、申し訳ございません。本日は休んでおりますが…。※明日出社の予定でございます、など出社予定日を伝える
(3)そちらで宜しいでしょうか。
(4)申し訳ございません。そちらはいたしかねます。(できかねます)
(5)恐れ入りますが、もう一度おっしゃっていただけませんでしょうか。
(6)恐れ入りますが、こちらの担当ではございませんので、担当の方へお掛け直し頂けませんでしょうか。※担当の方へお回しいたしますので少々お待ち下さいませ、の方が対応としては良い。
(7)恐れ入りますが、営業のどの者をお呼び致しましょうか。
(8)申し訳ございません。○○は、ただいま出かけておりますが、お差支えなければ私が承りましょうか。
(9)恐れ入りますが、お客様のご住所、お名前、お電話番号を教えて下さいますでしょうか。
(10)恐れ入りますが、明日弊社へお越し頂けますでしょうか。
(11)田中が戻り次第、そちら様へお伺いするように申し伝えます。
(12)○○課長はただいまお出かけでございますが、お戻りになりましたらお電話をしていただくようにお伝えいたします。

 


 

いかがでしたか?
社外の人に対して社内の人のことを言う時は尊敬語・敬称は使いませんが、相手が社内の人の親族である場合は尊敬語を使う…という点は特に間違えやすいようです。

私は実際に問題を解いてみて、制限時間以内に全て答えることは出来ませんでした。
急な場面でも正しい言葉づかいが出来るよう、何気ない会話の中でも意識するべきだと改めて感じる内容でした。

 

次回は、電話応対についてご紹介いたします。

今後の記事もぜひ、チェックしてくださいね♪

kana

kana

デザイナー筒井香奈(かなぼう)22歳 | 2019年9月よりアルバイト入社。2019年4月より正社員。イラスト制作担当。来社されたお客様の接客やSNSの更新なども少しずつ担当。WEB知識を高めるために日々勉強中!