BLOG

ブログ

【仕事に役立つツリーの図】サイトマップも組織図もこの図が一番

2020.08.27 Thu
daijo
daijo

このブログ記事は、お昼の社長プレゼンで話した内容の一部を抜粋して紹介しています。

ツリーの図とは

2.ツリーの図_基本

毎日行っているお昼のプレゼンでは、最後に社員から感想をいただいています。

前回の「交換の図」は社員からの評判がよかったので、別の図を紹介することに!

今回は「ツリーの図

この図は構造をひと目で確認できる特徴を持っています。

グループ化することができるので、わかりやすく整理できます。

きっとどこかで見かけたことがあるこの図。

社員に「見たことある人はいますか?」と質問すると、いろんな意見が出ました。

よく見かけるツリーの図

この図は一般的なので、社会人なら必ずどこかで見かけているのではないでしょうか。

組織図

2.ツリーの図_組織図

新入社員にとっては、こういう組織図が会社にあると会社全体がひと目で見えるので、嬉しいですよね。

名前も覚えやすいので必要不可欠です。

フォルダやファイル

2.ツリーの図_フォルダ分け

ハードディスクの中がキレイに整理されていると、仕事の作業効率も上がります。

社内で共有しているフォルダも同様に、誰もがわかりやすいフォルダ構成になっていると、会社全体の作業効率が上がりますね!

作ってみよう「ツリーの図」

この図はグループ分けなどをわかりやすく伝えるときに使うと便利です。

下記のような流れで作ると、完成しやすいと思います。

1.すべての項目を書き出す

例えば冷蔵庫の中のものを書き出してみます。

2.ツリーの図_分類1

2.次にグループを考える

スーパーの売場コーナーをイメージしてグループ名を決めます。

2.ツリーの図_分類2

3.図にしてみる

図を使って各商品を各グループに分けてみます。

2.ツリーの図_分類3

この例は、冷蔵庫の中のものを書き出してグループ化すると、スーパーの売り場コーナーがわかるようになります。

ディーネットの事業を図にするとこんな感じ

ディーネットは少人数の会社ですが、一人一人が多くのことをしているので、細かく書き出すとかなり複雑になっていきます。

でも「ツリーの図」を使って書き出すと、次々と深いところまで書き出せれます。

さらに細かく書き出すことで、誰がいま何を担当し、次に入ってくるスタッフには何を任せればよいのか見えてきます。

図を書くことで、自分の頭の中も整理でき、相手にも伝わる。

口頭で話したり文章で伝えるより、わかりやすくイメージしやすいものになるので、ぜひ使ってほしい図です。

社長プレゼンとは

「仕事に役立つ知識」や「いま考えている戦略」など、約10分ほど毎回テーマを変え、社員のお昼の時間に社長がプレゼンしています。社長との情報共有と社員のレベルアップのために行われています。

daijo

daijo

代表取締役 本田乃丈(ダイジョー)48歳 | 好きなことは仕事と観葉植物を育てること。中学生の娘と小学生の娘、妻の4人家族です。