NEWS & RELEASE

お知らせ

自身を持って!【ワンランク上の仕事をするために】高い技術と服装にもこだわりを!

2018.10.24 Wed
daijo
daijo

ディーネットには、一般公開していない「社内ブログ」があります!

その社内ブログに書いた記事ですが、公式にもアップすることにしました。

記事のテーマは「ディーネットで働く人の服装」についてです。

新入社員にもわかるようにまとめてみました。

 

会社は、学校や自宅のようなプライベートな場所と違って、ビジネスをする場所。

そして、お客様(クライアント)あっての会社です。


そのお客様が「この会社と取引をしたい」「ディーネットと仕事がしたい」と思ってくれることが大切です。

 

例えば、大切な人と大切な時間を過ごすために、高級ディナーを食べに行くことにしました。

同じ金額で同じ料理が提供される2つのレストランがありました。

 

Aのレストランは、全員ビシッとしたジャケットを着ているスタッフでした。

Bのレストランは、自宅にいるようなラフな服を着ているスタッフでした。

 

あなたならどちらのレストランで、大切な人と高級ディナーを食べますか?

 

ディーネットは、Aのレストランを選びます。

大切な人と一緒に過ごすのですから、Aのレストランのような素敵なレストランを選びたいです。

 

もしもその料理の金額が違うとしたら、あなたならどちらのレストランのほうが高級だと思いますか?

 

ディーネットは、Aのレストランのほうが高級だといいます。

しっかりしているからこそ、ワンランク上のサービスや料理を提供していると思います。

 

そして、ディーネットはAのレストラン(会社)になりたいと思っています。

 

なぜ、Aのレストラン(会社)になりたいのか。

ディーネットは、お客様に商品(広告やデザインなどのサービス)を提供しています。

 

このレストランの料理は「ディーネットの仕事」と同じです。

 

働く人の服装の違いで、同じ仕事(料理)が安く見えるのであれば、しっかりした服装でワンランク上の仕事(料理)を提供する会社と思われたいです。

 

仕事には自信があります。

だからこそ、安く見られないために一人一人が身だしなみを整えてほしいです。

 

でも、お揃いのユニホーム(仕事着)やリクルートスーツを着るのは、デザインを扱う会社としてつまらない。

 

そこでディーネットでは「オフィスカジュアル」を推奨しています。

ルールの中で個性も出せますし、清潔感や上品さなど好印象が伝わる服装にすることも出来ます。

→ メンズオフィスカジュアル(Google検索)

→ レディースオフィスカジュアル(Google検索)

 

でも、オフィスカジュアルの定義は何なのか。

→ オフィスカジュアル基本ルール①(他社記事)

→ オフィスカジュアル基本ルール②(他社記事)

 

 

オフィスカジュアルを取り入れている会社によっても細かい違いがありますが、ディーネットのオフィスカジュアルとは何なのか。

 

・スーツよりは少し崩した服装
・清潔、上品、個性、おしゃれ
・ネイルOK、ヒールOK
・シワNG、長すぎる爪NG、スニーカーNG

・外出時はジャケット着用(夏場はTPOを考えて)
・お客様の会議に参加しても恥ずかしくない服装
・お客様から「お休みですか?」と言われない服装

 

高級な服を着る必要はまったくありません。

むしろ一般的な金額の服で、おしゃれや個性、清潔感、上品さを出すことがプロフェッショナルだと思います。

 

 

服装ひとつで、仕事の質も変えられる!

ワンランク上の仕事をする人なら、ビシッとしたワンランク上の仕事着を選んでほしいです!

daijo

daijo

代表取締役 本田乃丈(ボス)46歳 | 好きなことは仕事と観葉植物を育てること。小学生の娘が2人と妻の4人家族。いまはティックトックを勉強中。これはおもしろいですね。